さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

《在宅者ができるビジネス案?》常に家にいるのなら仕事にできるかも(其之二)

 

まえがき

考えるのは嫌いじゃない、野良絵師さつま芋です。

 

先日、在宅ビジネスのアイデアを投稿したところ、コメントが数件寄せられました。

 

今回は もう少し考えを付け足して、更に皆さんに投げかけたいと思います。

 

 

 

前回の記事は次です。

satsumaim0.hatenablog.com

 

キャンペーンバナー

 

イデアの概要

不在の多い人に代わって近所の在宅者が一時預かりする、留め置きビジネスです。

 

「再配達の手間」と「受け取りまでの拘束時間」を軽減することができます。

 

 

hulu

 

 

留め置きのシステム

扱う荷物は、常温保管できて個人が持ち運べる大きさまでを考えています。

 

具体的には、本や衣類や小型家電などです。

 

流れとしては、不在通知が届いたら事前登録した近所の預かり所に自分で引き取りにいく形が自然だと思います。

 

費用負担は宅配業者で、3日間で再集荷してもらいます。

 

 

最大の問題は、一時預かり所の確保でしょうか。

 

年間契約してくれて、広範囲に多数必要です。

 

おそらく これだけでは儲けという儲けにもなりませんし…

 

f:id:satsumaim0:20190417131353j:plain

ゲゲゲの鬼太郎

 

 

あとがき

年金生活の人や自宅を空けられない人の副業になればと思っているのですが、中々にハードルが高いですね。

 

もし、前向きに話が進めば、近くの宅配業者さんに お話しを伺い、試算したいと思います。

 

ぜひ多くの建設的なコメントをお寄せください。

 

 

恥ずかしながら、日に2桁のアクセスしかない無名ブログです。

この記事に関しては拡散され、広く有意義な議論になることを望んでいます。

賛同した皆さんのご助力を賜りたいと思います。

 

 

以上、野良絵師さつま芋でした。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村