さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「“ペットと同伴出勤”で人材確保へ」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

 

キャンペーンバナー

 

“ペットと同伴出勤”で人材確保へ

www.nhk.or.jp


f:id:satsumaim0:20190512134331j:plain

 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20190512134302j:plain


アメリカでは、多くの新興のテクノロジー企業がペット同伴で出勤することを認めているという話です。

 

 

 

ノート

 

 

go to the dogsは「立ち行かなくなる、堕落する、落ちぶれる」。

(as) sick as a dog「ひどく気分が悪い」、die like a dog「犬死にする」、lead a dog's life「惨めな生活を送る」などの表現もある。

 

perkはperquisiteの略で、「(給与とは別の)特典、特権」。

a four-legged perk「4本脚の特典」。


emergeは「現れる、浮かび上がる、台頭する」で、そこから派生したemergingは「新興の」。経済成長の著しい国々はemerging countries、またはemerging economies。

 

wagは、自動詞では「(身体の一部が)揺れ動く、しきりに動く」、他動詞では「(身体の一部を)揺れ動かせる、揺さぶる、しきりに動かす」。例えば、wag one's tailなら「(動物が)尻尾を振る」、wag one's finger at someoneなら「(誰かに向けて)人差し指を立てて振る」で、人または動物をしかるときのジェスチャー


just anotherは「ほかと変わらない、何の変哲もない」。


「毎日~する」と副詞で使うときは、本文のようにevery dayと2語に分けて綴ります。一方「日々の、日常の」と形容詞で使うときは、everydayと1語で綴る。everyday businessなら「日常業務」、everyday conversationなら「日常会話」です。。

 

(be) stressed outは「へとへとに疲れて、疲れすぎてリラックスできない」。

 
identify with ...は「~と一体感を持つ、~に共鳴する、~に親近感を覚える、意気投合する」。


dog-eat-dogは「し烈な競争の、勝ち残るためならどんな手段でも使う」。

 

benefit packageは「福利厚生」。

fringe benefit「給与以外の特典」。

 

stress about ...は「~について悩む、~のことでいらいらする」。
動詞stress「強調する」。

 

 

あとがき

ペットを連れて出社なんて斬新ですよね。

才能を活かしたクリエイティブな職業ならでは かもしれません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村