さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「大坂なおみ選手 日本国籍を選択(アンコール放送)」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

キャンペーンバナー

 

大坂なおみ選手 日本国籍を選択(アンコール放送)

www.nhk.or.jp



f:id:satsumaim0:20191029102735j:plain

 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20191115113840j:plain


テニスの大坂なおみ選手が、2020年の東京オリンピックに日本代表として出場する考えを固め、日本国籍を選択する手続きを行ったことを明らかにしました。

 

ノート

 

 

groundworkはもともと「基礎工事、土台工事」。日常語彙としては、lay the groundwork for ...の形で「~の下地を作る、~の準備をする」。do the groundwork for ...と言うこともある。

 

sit down with ...(またはsit with ...)は「~と同席する、~と膝を交える、~とじっくり話し合う」。

 

exclusive interviewは「独占インタビュー、単独会見」。

 

memorableは「心(記憶)に残る、印象的な」。似たような意味で、unforgettable「忘れられない」。

 

Japanese nationalityは「日本国籍」。

 

law「法律」やregulation「規制、規則」によって「義務づける」と言うときはrequireを使う。

 

 

 

あとがき

sat down with ...のsatが どう聴いてもsetにしか聞こえない…

きっと、こだわるところじゃないでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村