さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「共通テスト 記述式の導入見送り」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

キャンペーンバナー

 

共通テスト 記述式の導入見送り

www.nhk.or.jp

 

f:id:satsumaim0:20191229001555j:plain

 

 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20191229001634j:plain

大学入学共通テストでの記述式問題について、萩生田文部科学大臣は、当初予定していた再来年1月からの導入を見送ることを発表しました。

 

 

ノート

 

 

education ministerは「文部科学大臣」のことで、正式にはMinister of Education, Culture, Sports, Science and Technology。


portionは「部分」。


standardizedは「(試験などが)標準化された、統一された」。


be scheduled to ...は「~する予定である」。


cause inconvenience to ...は「~に対して迷惑をかける」。


along with ...は「~と共に、~に加えて」。

 

applicantは「志願者、受験者」。

 

reasoning abilityは「論理的思考能力」。


exam-graderは「試験採点者」。

 

 

あとがき

今回は見送りということですか…

 

センター試験や共通テストが覚える試験、大学別試験が考える試験ではダメだったんでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村