さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「『アナと雪の女王2』監督&プロデューサー インタビュー」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

キャンペーンバナー

 

アナと雪の女王2』監督&プロデューサー インタビュー

www.nhk.or.jp


f:id:satsumaim0:20200108144458j:plain

 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20200108144431j:plain

 

「ニュースで英語術」「SNS英語術」ネイティブパートナーのG・カズオ・ペニャ氏が行ったインタビューの一部を取り上げてご紹介します。

今回は『アナと雪の女王2』の監督を務めたJennifer Lee(ジェニファー・リー)さん、Chris Buck(クリス・バック)さん、そしてプロデューサーのPeter Del Vecho(ピーター・デル・ヴェッコ)さんです。

 

 

ノート

 

 

take away from this film「この映画から奪い取る、持ち帰る」は、つまり「この映画から(何かを)感じ取る、見出だす」。


句動詞deal with ...は「~を扱う」。


scaryは「恐ろしい、怖い」。


willingnessは「意欲、いとわない気持ち」。be willing to ...の形で「~するのをいとわない、進んで~する」。


sort ofは「多少、やや、一種の、いわば、どちらかというと、~のような」。


embraceには「抱き合う」「受け入れる」。


at the core of ...は「~の核心に、根底では」。


at timesは「時には、時々」。


navigateは、もともと船や飛行機などを「航行する、誘導する」で、そこから「何とか乗り切る、うまく通り抜ける」。


perseveranceは「忍耐(力)」。動詞形は、persevere「忍耐強く続ける」。

 

look to ...は「~を頼りにする、当てにする」。


sisterhoodは「姉妹関係、姉妹であること」。


on screenは「画面上で、テレビで、映画の中で」。

 

in one's skinは「裸で、服を着ないで」、飾らない「ありのままの姿で」。

 

flawは「欠点、短所」。

 

flawless「シミのない」

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

映画の話題だけでなくインタビューということも、いつも以上に聞き取りにくい原因になっているようです。

 

映画も見ていないし、ほとんど頭に残らないです。

 

音をメインにしない勉強のツケです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村