さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「中国 武漢で原因不明の肺炎」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

キャンペーンバナー

 

中国 武漢で原因不明の肺炎

www.nhk.or.jp

f:id:satsumaim0:20200118134508j:plain

 

 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20200118134542j:plain
 

中国内陸部の湖北省武漢で12月以降、原因不明の肺炎の患者が相次いで見つかったことを受け、中国本土との人の往来が多い香港は警戒を強めています。

 

 

ノート

 

 

pneumonia は「肺炎」。


mainlandは「本土、大陸」。mainland China「中国本土」には香港や台湾が含まれないので、eastern Asia(Eastern Asiaとも表記)「東アジア」という用語を使っている。


spark fearsは「恐怖心に火をつける、恐怖心をもたらす」。



step up preventative measuresは「予防策を強化する」。

 

the inland cityは「内陸部の都市」。


contractは動詞で「病気にかかる、病気に感染する」。


outside Wuhanは「武漢以外での」。


alert statusは「警戒状態、警戒レベル」。


stepsは「手段、対策」。


the authorities「当局」。

 

complainは「(症状などを)訴える」。


be diagnosed with ...は「~と診断される」。

 

quarantineは「検疫」。

 


fever pitchは「興奮状態、(気分などが)最高潮」。

feverの形容詞はfeverish「熱がある、熱っぽい」

 

 

あとがき

オリンピックで人の移動が活発になると、この手の感染症も流行するでしょうね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村