さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

【雑談】数字でみるコロナとインフルエンザ

 

まえがき

インフルエンサーとは真逆の存在、さつま芋です。

 

とりあえず悪目立ちしないようには実践できているのでしょうか。

 

今回も、考えておきたい内容です。

 

 

インフルエンザ

平成30年(2018)人口動態統計(確定数)によれば、国内でインフルエンザを死因に亡くなった人は、年間で3325名だそうです。

 

平成30年(2018)人口動態統計(確定数)の概況|厚生労働省

 

年間3325名を単純に12(カ月)で割ると、277人となります。

 

単純計算ですが、一カ月あたりインフルエンザの平均死者数は277人です。

 

 

コロナウイルス

大騒ぎになっている新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、令和2年2月28日10時現在で日本国内の死者は4名です。

 

新型コロナウイルス感染症の対応について|内閣官房新型インフルエンザ等対策室

 

クルーズ船の乗船者も含めると29日午後7時の時点で11名です。

 

特設サイト 新型コロナウイルス|NHK NEWS WEB

 

 

比べてみると

単純に比べていいものだとは思いませんが、現時点の数字だけで怖いのはインフルエンザです。

 

インフルエンザはワクチンや治療薬があるにもかかわらず、コロナウイルスの何倍もの死者が出ていることになります。

 

 

ただし

まだ数字自体が出そろっていない可能性はあります。

 

さらに疑うならば、数字とは見合わない政府の過敏な対応も気になります。

 

チャーター便帰国者やクルーズ船乗客の隔離、PCR検査の制限、全国一斉の臨時休校。

 

都合が悪い情報は伝えないのが世間ですから、皆さん頭を働かせていただきたいと思います。

 

 

あとがき

マスクやトイレットペーパーの売り切れや転売が起こっているそうですが、誰かの話を鵜呑みにしないほうがよさそうです。

 

考える力の育成を求めてセンター試験を廃止するのは結構ですが、こういう非常事態こそ本物の思考の場だと思います。

 

 

以上、さつま芋でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村