さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

【雑談】諫(いさ)めてもらうのは至難

 

まえがき

問題提起のつもりで雑談する、さつま芋です。

 

今回は、自分のふりを見て我がふりを直さねばならないと思った話です。

 

 

そのときコメントするのを避けました

誰のブログかは覚えていませんが、役人批判をした橋下徹さんのツイートに対し、言いすぎだと評するブログ記事を見かけました。

 

私が思うに、庶民感覚のない官僚気質を批判したツイートを、公務員の働きぶりを批判されたと誤解(?)しているブログ記事でした。

 

つまり、「人情がない」を「怠けている」と解釈したわけです。

 

誤解は誰にも起こることで仕方ないのですが、問題点は他人から指摘を受け難いところです。

 

かくいう私も親しくない方だったため、コメントするのを避けました。

 

私は間違いを訂正してほしい質ですが、指摘されると憤る人が多いと感じています。

 

それゆえ素通りしました。

 

 

他人事ではなく自分事

私も問題提起のつもりで雑談記事を書きますが、ほぼ一方通行の情報発信で終わります。

 

自分なりの推敲はしますが、何カ月も何年も考えたり調べた研究論文ではありませんから、指摘されるところは多々あるはずです。

 

それでも指摘して訂正してくださるのは稀です。

 

常に誤解や思慮に欠ける可能性は心に留めておかねばならないなと思いました。

 

 

あとがき

自分が正しいと思っている人は、割と安易に他人の攻撃をしやすいそうです。

 

それを「正義の暴力」というのだとか。

 

セイギコワイ。

 

 

以上、さつま芋でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村