さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

【雑談】それでも議員は月100万

 

まえがき

言葉の使い方って人を騙すテクニックなんでしょうか、さつま芋です。

 

意外と気づかないレトリックを私流に解説します。

 

 

なんやかんや、マスコミもグルですか?

コロナ自粛のせいで一般国民は収入減で苦しんでいるんですが、批判をかわすために議員歳費 月額129万4000円の2割に当たる25万8800円を削減するんですって。

 

新型コロナ感染拡大で 国会議員の歳費 2割削減する法律成立 | NHKニュース

 

2割削減なんですね、2割。

 

 

見出しを もっと分かりやすくするなら、「国会議員の歳費 月額100万確保する法案成立」ですね。

 

これなら読解能力に関わらず理解しやすいと思います。

 

言っときますけど、割合が分からない国民は案外いますよ。

 

 

ちなみに、NHK以外の報道も次のよう。

 

国会議員歳費、2割減の法案が成立 コロナ感染拡大受け [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

国会議員歳費2割削減、27日成立へ 衆参1日でスピード処理:時事ドットコム

国会議員、歳費“2割削減法”成立|TBS NEWS

 

揃いも揃って2割、2割、2割。

 

どう表現すれば嘘をつかずに相手を事実誤認させられるのか、非常に学べる教材だと思います。

 

 

あとがき

一時的に2割減らして国民の批判をかわせるなら超お得な作戦ですね、お見事!

 

政府を無能 呼ばわりする人は多いですけど、役人も議員も無能どころか有能・狡猾ですよ。

 

無能なのは今までの総体的な一般国民のほうかも。

 

 

以上、さつま芋でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村