さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

【賭博の雑談】勝てる人の大局観

 

まえがき

コミュニティーの重要性を知るべきだ、さつま芋です。

 

前に誰かが、「雪を見たことのない赤道直下の人が雪を発想することはない」みたいなことを言っていました。

 

確かに、見たことも聞いたこともなければ、思いつく可能性はゼロに近いです。

 

ここから得る教訓は、思考も発想もゼロから生じないことでしょうか。

 

まず知らないと始まらないという話をシェアします。

 

 

パチプロは、確かにいる

以前にギャンブル依存のブログを見かけましたが、どうしても「ギャンブル=悪」の図式が一般的な見解のようです。

 

しかし、ほとんどの人が勝てないと言われるパチンコでも勝てる人、勝ち組はいます。

 

私はパチンコを嗜(たしな)みませんが、勝ち組の考え方には一般人にはない視点が含まれています。

 

細かい打ち方(止め打ち・捻り打ち)などは分かりませんが、期待値というトータル思考はパチプロの共通認識のように感じます。 

 

 

運・不運は収束するというトータル思考

私の言うトータル思考とは、目先の結果に一喜一憂しない考え方です。

 

しかし、パチンコの勝ち組が少ないことからも推察できるように、長期的視点を持つことは大衆には難しいようです。

 

 

もう少し理論的に話しましょう。

 

2分の1で当たるクジがあるとします。

 

2本のうちの1本が当たりクジ、残り1本が外れクジだと考えるのが凡人

 

20,000本のうちの10,000本が当たりクジで、残り10,000本が外れクジだと考えられるのが賢人

 

私の言いたい真意が分かるでしょうか。

 

外れクジが10,000本もあれば、何回も連続で外れることは想定しやすく、どこかで反転することも期待できます。

 

しかし、外れクジが1本であれば、何回も連続で外れると目先の結果に一喜一憂しやすくなります。

 

 

あとがき

貶(けな)すつもりはありませんが、ほとんどの人がトータル思考をしていないようです。

 

能力の差も影響するのでしょうが、所属するコミュニティーの差が大きいように感じます。

 

それには なるべく広い分野にアンテナを張ることが大切です。

 

皆さんの視野を広げるために聖書のブログを紹介します。

 

seisyonosusume.hatenablog.com

 

今回の記事は、パチンコから聖書へと飛躍しましたね… 

 

以上、さつま芋でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村