さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「北朝鮮 南北連絡事務所を爆破」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

北朝鮮 南北連絡事務所を爆破

www.nhk.or.jp


 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20200624080703j:plain


 

ノート

 

 

tensionは「緊張、緊張感」。「緊張した」という形容詞なら、tense。


peninsulaは「半島」で、the Korean Peninsulaは「朝鮮半島」。


Pyongyangは、北朝鮮の首都「ピョンヤン」で、「北朝鮮政府」のことを指す。首都名でその国の行政府を表す用法。


blow upは「爆破する」という句動詞。


liaisonは「連絡・接触」という意味合いで、inter-Korean liaison officeは、北朝鮮のケソン工業団地にある「南北の共同連絡事務所」。


state-run mediaは「国営メディア」。


eruptは「起こる、発生する、爆発する」。

 

denuclearizeは「非核化する」。

 

suspendは「(一時的に)停止する、延期する」。

 

threatenは「脅迫する」。


demolishは、建物などを「破壊する、解体する」。

 

defectorは、ここでは「脱北者」。

 

severは、関係などを「断つ」。

 

 

あとがき

新指導者としての権威付けのための爆破だと聞きますが、北朝鮮北朝鮮で大変なのでしょうね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村