さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

【雑談】拝金主義と投機

 

まえがき

思考が少し変わってきたのを感じる、さつま芋です。

  

1年ほど投機を継続しているのですが、「幸運・不運は相殺される」という確率思考がほんの少しだけ身に付いてきました。

 

まだまだ一喜一憂はしますが、負けても「ま、いいか…」と思うことが増えてきました。

 

いつの間にか まとわりついた拝金主義的な思考を落とすには、投機は打ってつけなのかもしれません。

 

私の周りに相場師は いなかったので、新しい学びが多いです。

 

今回はお金の向き合い方を考えてみます。

 

 

煩悩と格闘

投機では、目先の金額に一喜一憂してはいけないそうです。

 

とは言え、資金を増やそうと投機しているのに、金額に一喜一憂してはいけないなんて矛盾すると思いませんか?

 

私は、言葉では分かっても腑に落ちない謎でした。

 

現に この一年間、数万円 増えた減ったでメチャクチャ一喜一憂してきました。

 

日常生活の中では自分の意志に反して一瞬のうちに お金が増減することは そうそうないので、耐性が全くなかったのです。

 

冷静にみれば数字が変わっているだけなのに、それ以上の感情に振り回されるのです。

 

 

そのうち仙人になれるかも

額としては大きくないですが、今月はトータルで10万円くらい損切り(損失確定)しています。

 

この10万円がコンビニで盗られたのだったら警察沙汰ですね(^0^)

 

以前の私なら青ざめていたでしょうが、今の気持ちは「あらら…」という感じです。

 

一時的には約10万円の含み益(仮の利益)もあったのですが、条件に届かず逆行しちゃいましたね。

 

「負けるが勝ち」とか「損して得取れ」とか よく聞くのですが、真に理解するには相当な鍛錬が必要みたいです。

 

この調子で鍛錬していこうと思います。

 

 

あとがき

煩悩を否定するわけではありませんが、拝金に偏りすぎるのは危ないと思います。

 

夏季一時金(夏のボーナス)不支給で看護師が大量辞職するしないって話も、お金に振り回されているのかもしれませんよね。

 

以上、さつま芋でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村