さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「台湾 中国の侵攻に備え軍事演習」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

台湾 中国の侵攻に備え軍事演習

www.nhk.or.jp


 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20200731163648j:plain


 

ノート

 

 

Now, I'm going to take you to Taiwanは、文字どおりには「今度は台湾にお連れいたしましょう」、「今度は台湾のニュースです」という意味。


invasionは「侵入、侵攻、侵略」。

 

military personnelは「兵士、軍人」などの軍事要員を表す集合名詞。

joint live-fire drillは「合同実弾演習」。

 

scenarioは、映画や芝居の「脚本、台本」、「あらかじめ用意された筋書き」。


assume that ...は「~ということを想定する、~ということを仮定する」。


warplaneは「戦闘機、軍用機」。

 

vesselは「大型船」、「艦艇」。


landing attackは「上陸攻撃」。


mainstayは「柱となるもの、中心となるもの」。


armored vehicleは「装甲車」。


fight backは「反撃する、応戦する」


vigilantは「警戒を怠らない、用心した」。


spotは「気づく、見つける」、be spottedは「見つけられる、確認される」。

 

airspaceは「空域、領空」。

 

tripleは動詞で、「3倍になる」。

 

 

あとがき

中国の周辺国は軍事的な緊張感を高めています。

 

ゴーツーキャンペーンやヨビノマスクだけでなく、話題に上がりにくい情報にもアンテナを張っていきたいですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村