さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「ギンズバーグ米最高裁判事 死去」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

ギンズバーグ最高裁判事 死去

 

www.nhk.or.jp


www.nhk.or.jp

 


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20201001031635j:plain


 

ノート

 

 

U.S. Supreme Court Justiceは「アメリカ連邦最高裁判所判事」。

 

spark a fierce battleは「激しい論争を引き起こす」。


succeedは、herを目的語とする他動詞なので、「~の後を継ぐ、後任となる」。


complicationsは「合併症」。


divisiveは「意見が分かれる、意見対立を起こす」。


conservativeは「保守派」。

 

vote on ...は「~を採決する」。


nomineeは「指名された人、候補者」。

 

put forwardは「(候補者として)挙げる、推薦する」。

 

 

 

 

あとがき

Ruth Bader Ginsburg(ルース・ベイダー・ギンズバーグ氏)は、1933年、ニューヨークのブルックリンで、ユダヤ人移民の家庭に生まれました。名前の頭文字から取ったRBGの愛称で知られ、彼女のイラストが描かれたグッズが発売されたり、伝記映画やドキュメンタリー映画が製作されたりするなど、一般の人たちにも広く親しまれていました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村