さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「バイデン次期政権の経済戦略①」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

バイデン次期政権の経済戦略①

www.nhk.or.jp

 

www.nhk.or.jp



ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20210105123823j:plain


ノート

 

 

at stakeは「危険にさらされて、危うくなる、問題となる、争点になっている」。


take one's seatは「自分の席につく」、「議員としての活動を始める」。in the Oval Office「大統領執務室で」と続いているので、take one's seat in the Oval Officeはつまり「大統領の職に就く」。

encumberは「妨げる、邪魔する」で、an economy encumbered by ...は「~によって妨げられた経済」。


navigate one's way through ...は「(障害など)~を通り抜ける、うまく切り抜ける」。


divided Congressは「ねじれた(状態にある)議会」。


for more on ...は「~に関するさらに詳しい情報については」。what's aheadは「先にあること、これから起きること」で、for more on what's aheadは「今後に関する詳細な情報については」。


president-electは「次期大統領」。

 

addressは「(問題などに)対処する、取り組む」。


put togetherは「(チームや委員会などを)作る、組織する」。


task forceは、専門家を入れた「対策委員会、対策本部、対策チーム」。タスクフォース。


provide effective guidance on ...は「~についての効果的な指導を行う」。

 

close the economy downは「経済を閉鎖する」。

 

impose a restrictionは「制限を課す」。

 

commonsense guidanceは「常識的な指導」。

 

 

 

 

あとがき

未だにトランプ大統領の敗北宣言がないのは興味深いですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村