さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「WHO独立委 “新型コロナ初期対応に遅れ”」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

WHO独立委 “新型コロナ初期対応に遅れ”

www.nhk.or.jp

 

www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20210129113843j:plain

ノート

 

 

independentは「独立した」、expertは「専門家」、panelは「委員会」で、an independent expert panelは「独立専門家委員会」。


measuresは「対策、措置」で、この意味では通例複数形。take measuresは「対策を講じる、対策をとる」。


infancyは「初期」で、be in its infancyは「初期段階にある」。


preparednessは「(戦争などの緊急事態に対する)準備」。


interimは「中間の、暫定的な」。


pneumoniaは「肺炎」。

 

conveneは「召集される、開催される」。

 

take aim at ...は「~にねらいを定める」、「~を批判する」。

 

fall short of ...は、水準や量などが「~に達しない、及ばない」という表現で、標準や期待に届かない場合に使う。

    

 

あとがき

当時から中国の顔色を窺ってWHOは何も言えないという噂があったので驚きはしませんが、理に反する事象は疑ってかかるくらいで丁度良いのでしょうね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村