さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「法人税の最低税率 15%以上で合意」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

法人税の最低税率 15%以上で合意

www.nhk.or.jp


www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20210715051500j:plain
 

ノート

 


blueprintは「青写真」(図面の複写に使う写真の一種)で、転じて何かを達成するための「計画、構想」。ここでは「基本的な計画」や「大枠」というニュアンス。

 

corporate taxは「法人税」。


multinational companyは「多国籍企業」。

 

(be) meant to ...は「~するよう意図されている、~するよう作られている」。

shop aroundは「(最良・最安値の商品やサービスを手に入れるために)あちこち見て回る」という表現。shop around for a smartphoneと言えば「スマホをあちこち見て回る」。


countries with the lowest tax rate to base their business inの構造が分かりにくく思えるかもしれませんが、例えばa box to put these shoes in「この靴を入れる箱」の構造と同じに捉えることができます。


Organisation for Economic Co-operation and Developmentは、OECD経済協力開発機構の正式名称です。organisationはイギリス英語の綴り。


be yet to ...は「まだ~していない」。have yet to ...で言い換えることもできます。


sign onは「署名して参加する」。

 
agree on ...は「~について合意する」。

 

taxは「課税する」という意味の動詞。


cross-borderは「国境を越える、越境の」。


right to taxは「課税する権利、課税権」。


動詞allocateは「分配する、割り当てる」。これに「再び」を意味する接頭辞re-が付いているre-allocateは「再分配する」。

regardless of ...は「~にかかわらず」。

 

applyは「(規則などが)適用される、当てはまる」。

 

turnoverは「売上高」という意味。


profitability「利益率」は、売り上げに占める利益の割合。

動詞affectは「影響を及ぼす」ですが、悪い影響が及ぶときに使われることが多い単語。文脈にはよりますが、「被災地」ならaffected area、「被災者」ならaffected peopleとも表せます。

(ニュースで英語術より)

 

あとがき

お金は貯めるより循環させてほしいんですけどね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村