さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「ファーウェイ副会長 司法取引で帰国」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

ファーウェイ副会長 司法取引で帰国

www.nhk.or.jp

 

www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20211014090411j:plain

f:id:satsumaim0:20211014090411j:plain

 

ノート

 


top executiveは「最高幹部」。


custodyは「拘束、拘留」です。

 

strike a deal with ...は「~と合意する」です。


authoritiesは「当局」です。この意味では多くの場合、複数形で用います。


extraditeは「(犯罪者や容疑者などを)送還する、引き渡す」です。

 

on boardは「(飛行機や船などに)乗って」という表現です。また慣用句として、チームやグループの一員として「共に働いて」という意味もあります。例えば、bring ... on boardなら「~をメンバーとして迎え入れる」となります。


Shenzhen「深セン」は、中国南部の都市です。


detainは「拘束する、拘留する」で、警察当局が容疑者などを拘束するというときに用いられます。


Washingtonは「アメリカ政府」を指しています。首都は政治の中心地であるため、その国の中央政府を首都名で表すことがあります。


be accused of ...は「~で起訴される」です。検察が行う司法手続きとしての「起訴する」なら、indictを使えます。accuseは、より一般的に「とがめる、非難する」として使われます。


sanctionは「制裁」です。

 

media outletは「報道機関、報道各社」です。

 

be released from ...は「~から解放される」です。

 

political persecutionは「政治的迫害」です。


freeは「自由にする、解放する」という動詞。

 

detentionは「拘束、拘留」です。detainの名詞形です。

 

breakは「(ニュースを)公表する、発表する」という動詞です。


dealは「取り引き」という意味です。


arrestは「逮捕する」です。

 

tightenは「強化する」です。


defend oneselfは「自らを守る」です。


chargeは「非難」や「嫌疑」といった意味です。

 

(ニュースで英語術より)

 

あとがき

要人だと司法取引してもらえるんですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村