さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「大英博物館で北斎展」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

大英博物館北斎

www.nhk.or.jp

 

www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20211018100536j:plain

 

ノート

 


curatorは、博物館や図書館などの「学芸員」です。


unveilは「公開する、明らかにする、発表する」という動詞です。

 

renownedは「有名な、著名な」です。famousで言い換えることもできます。ちなみに「何か悪いことで有名な、悪名高い」なら、notoriousやinfamousを使います。


動詞launchはロケットなどを「打ち上げる」ですが、ここでは比喩的に何かを「始める、着手する」という意味です。are launchingと現在進行形にすることで、近い未来の動作を表しています。


exhibitionは「展示(会)、展覧(会)」です。動詞形は、exhibit「展示する、展覧する」です。


celebrateは「祝う、称賛する」です。名詞形は、celebration「祝うこと、祝賀」です。

 

woodblock (print)は浮世絵の元となる「木版(画)」で、masterは「親方、名人、大御所」です。


previewは「下見、試写(会)、内覧(会)」。

acquireは「入手する、得る」です。

 

availableは「利用できる」。

 

sketch「素描、スケッチ」は、浮世絵の前段階である版画用の下絵のことです。

 

subjectには「主題、題目、科目、主語」などさまざまな意味がありますが、ここでは絵画の「題材」です。


wide-rangingは「広範囲にわたる、幅広い」です。


phenomenaはphenomenon「現象」の複数形で、natural phenomenaは「自然現象」です。


landscapeは「風景、景観、景色」です。


年代に-sを付けて、「~年代」を表します。between the 1820s and 1840sは「1820年代から1840年代の間」です。

 

illustratedは「挿絵入りの、図版入りの」です。


a blend of A and Bは「AとBが融合したもの、入り混じったもの」です。

 

adventureは「冒険」で、a sense of adventureは「冒険心」です。


形容詞standardは「標準的な、基準の、一般的な」、encyclopediaは「百科事典」です。

 

(ニュースで英語術より)

 

あとがき

文章も動画も残るのは残るでしょうが、一枚絵の視認性・視覚効果は見事なものですよね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村