さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「東京オリ・パラにサイバー攻撃が急増」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

東京オリ・パラサイバー攻撃が急増

www.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20211122140041j:plain

 

ノート

 


blockは「阻止する、ブロックする」で、ここではサイバー攻撃を「防ぐ」です。


no reports of any impactは「いかなる影響の報告もない」。


along with ...は「~とともに、~と一緒に」です。

 

representativeは「代表」です。


be in charge of ...は「~を(責任者として)担当する」という表現です。

 

ハイフンでつなげたdenial-of-serviceは「サービス拒否の、サービス妨害の」という形容詞的な意味で、「本来できるサービスができない」ことを表します。denial-of-service incidentは「サービス妨害のインシデント」です。incidentは「出来事、事件」ですが、情報セキュリティーの分野では「情報システムの運用に支障を来すような状況や事象」を意味します。

 

massive amounts of ...は「膨大な量の~、大量の~」という表現です。

 

disruptは「妨害する、妨げる」です。


so-called ...は「いわゆる~」です。


obtainは「入手する、獲得する」です。


guessは「推測する」で、by guessing passwordsは「パスワードを推測することによって」です。


deterは「拒む、阻止する」です。

 

apparentlyは「見たところでは、どうやら~らしい」という意味で使われています。

 

executive directorは「事務局長」などと訳されることも多いですが、「常任理事」としても使われます。


likelyは「おそらく、たぶん」で、この種の副詞の中でも蓋然性が高い状況を表すときに使われます。

 

(ニュースで英語術より)

 

あとがき

ブロックチェーンが普及したとき、サイバー攻撃の形はどうなるのでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村