さつま芋の勉強日記

投機の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「米報告書 “中国軍は台湾に侵攻可能”」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

米報告書 “中国軍は台湾に侵攻可能”

www.nhk.or.jp

 

www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20211210075827j:plain

 

ノート

 


congressionalは「議会の」という意味で、congressional panelは「議会の委員会」です。具体的には、次のセンテンスに出てくるthe U.S.-China Economic and Security Review Commission「米中経済安全保障調査委員会」のことで、これはアメリカ議会の諮問機関です。

 

call on A to ...は「Aに~するように求める」です。

 

ここでのWashingtonは「アメリカ政府」を指しています。

 

urgentlyは「緊急に」、strengthenは「強化する、強固にする、強める」です。

 

deterrenceは「抑止力」です。

 

the Indo-Pacificは「インド太平洋(地域)」です。

 

warn of ...は「~について警告する」です

 

possibleは「起こりえる、ありえる」という意味です。

 

military crisisは「軍事的危機」です。


annual は「年次の、年1回の、毎年恒例の」で、annual reportは「年次報告書」です。

 

noteは「注目する、言及する」という意味の動詞です。


modernizeは「近代化する、現代的にする」です。


be capable of ...は「~ができる、~の能力がある」という表現です。


air and naval blockades「空軍と海軍による封鎖」は、空域と海域を封鎖するという軍事作戦を指しています。


cyberattackは「サイバー攻撃」、missile strikeは「ミサイル攻撃」です。

 

the People's Liberation Army of Chinaは「中国の人民解放軍」です。

 

either A or B「AかB」の形になっています。Aにあたるのがisで、Bにあたるのがis close to beingですので、either is or is close to being capable of ...は「~できる能力を持っているか、それに近い状態になっている」です。

 

invadeは「侵略する、侵攻する」です。

 

shiftは「変える」という動詞です。


the Taiwan Strait「台湾海峡」は中国と台湾を隔てる海峡のことで、最近ではアメリカ海軍が駆逐艦を航行させ、中国がそれに反発するという事態になっています。


dangerouslyは「危険なほどに」、weakenは「弱める、弱体化させる」です。

 

addは「(報告書で)付け加えて述べる」。


boostは「押し上げる、増大させる」で、ここでは「強化する、増強する」と訳せます。


capabilityには「(国家などの)戦闘能力」という意味があり、nuclear capabilityは「核戦力、核能力」です。


hundreds of ...は「何百もの~」です。


underground siloは「地下格納庫」、intercontinental ballistic missileは「大陸間弾道ミサイル」で、ICBMという略称も使われます。

 

(ニュースで英語術より)

 

あとがき

軍事的緊張が高まっているのでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村