さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「体操の内村航平選手 現役引退を発表」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

体操の内村航平選手 現役引退を発表

www.nhk.or.jp

 

www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20220208083517j:plain

 

ノート

 


all-aroundは「総合的な、万能の」という意味です。ここでは、次のセンテンスに出てくるindividual all-around「個人総合の」と同じ意味で使われています。
artistic gymnasticsは「体操競技」です。
announceは「発表する、公表する」です。
retirementは「引退」、competitionは「競技、競技会」です。retirement from competitionは「競技からの引退」で、つまり「現役を引退する」という意味になります。

 

winは「(賞やメダルなどを)獲得する」で、win a silver medalは「銀メダルを獲得する」です。
ここでのeventは「(スポーツ競技大会における)種目、競技」のことです。男子の個人総合は、floor exercise「ゆか」、pommel horse「あん馬」、rings「つり輪」、vault「跳馬」、parallel bars「平行棒」、horizontal bar「鉄棒」の合計点で競われます。
the 33-year old「その33歳」は内村選手を指しています。
become known for ...は「~で知られるようになる」です。
elegantは「優雅な、優美な」です。内村選手は「美しい体操」にこだわってきました。
ここでのexecutionは「(技の)実施、出来栄え」という意味です。
routineは「(一連の)動作」や「習慣的に繰り返される手順」などの意味ですが、体操用語では「演技、(一連の)技」のことです。

 

ategoryは「部門」です。
ledは、lead「導く」の過去形です。lead-led-ledと活用します。
squadには軍事用語や警察用語で「分隊、班」という意味もありますが、ここではスポーツ用語で「チーム」という意味です。
ここでのa team goldは「団体金メダル」のことです。「金メダル」という意味でのgoldは、センテンス冒頭のhe won goldのようにも使いますが、a team goldのように数えられる名詞としても使います。ちなみに、鉱物としてのgold「金」なら数えられない名詞です。

 

ここでのrecordは、形容詞で「記録的な、最多の」です。
consecutiveは「連続した、立て続けの」です。
World Championshipsは、体操の「世界選手権」です。

 

besetは「悩ます」で、beset-beset-besetと活用します。ここで使われているのは過去分詞で、beset by ...は「~に悩まされ」となります。
injuryは「けが、負傷」です。
concentrate on ...は「~に集中する、~に専念する」です。
the Tokyo Gamesは、Gamesが大文字になっているので、「東京大会」のことだと分かります。
fail to ...は「~することができない、~し損ねる」という意味です。
qualify for ...は「~の資格を得る」という意味で、qualify for the finalは「決勝に進む」です。ちなみに、多くのスポーツ競技で「準決勝」はsemifinal、「準々決勝」はquarterfinalと呼ばれます。

 

(ニュースで英語術より)

 

あとがき

素晴らしい結果を残されたと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村