さつま芋 の日記

英語の勉強と算数のコラムを中心に発信していきます。復習しない勉強を目指しています。

MENU

遠山顕の英会話学習「シャボン玉液を作る」

f:id:satsumaim0:20180902051623j:plain

 

遠山顕の英会話学習

講座の紹介を兼ねて、英語の勉強の記録を残します。

上のイラストは、テキストの挿絵を雰囲気だけ真似たものです。

テキストにはプロの挿絵があり、色つきのイラストも楽しめると思います。

この講座は、日替わりダイアログ(対話)です。

続き物ではないため、月の途中から始めることも可能です。

聴き逃した場合も、翌一週間は番組サイトでストリーミングが聴けます。

 

「シャボン玉液を作る」

今回のダイアログの概要を紹介します。

場面は、台所です。

男の子は、祖母の傍で自慢げにシャボン玉液を作っています。

ほほ笑ましいストーリーです。

 

Words &Expressions

buble wand シャボン玉リング[シャボン玉を作る道具]

one part dish soap 食器用洗剤を1(としたもの)

three parts water 水を3(としたもの) 

Something tells me ... なんだか…であるようですね。

自分の書き留めておきたい表現だけを書いています。

詳しくはテキストをご覧ください。

 

Apply It!

This is how you do it.

やり方はこうです。

これから教えるという気持ちがThisで表されています。

ラジオ中では、U R the ★!という模擬会話で、上の表現を練習します。

模擬とはいえ、英語を話している感覚を味わえます。

 

Say It!

Mix(●) one(●) part(●) dish(●) soap(●) and(・) three(●) parts(●) water(●).

食器用洗剤1に対して水3を混ぜます。

今回は、内容語の多い文に挑戦です。

機能語に対して、内容語は強めます。

馴染みがないかもしれませんが、放送では「一息3(か5)回」という練習をします。

息遣いを通して、音としての英語が練習できます。

実際に放送を聴いてみてほしいです。

 

Write It!

やり方はこうです。玄米1に対して水1.5を炊飯器に入れます。それからボタンを押します。

ダイアログを参考にして、日本語を英語にする 英借文の練習です。

私の答えは、「This is how you do it. Put into the rice cooker one part brown rice and one and a half parts water. Then you push this button.」でした。

模範解答ではありませんので、テキストや放送で確認してください。

放送ではチェックポイントの解説もあります。

 

In Another Situation!

ダイアログの場面を少し変えて、リスニングする練習です。

今回は、「スカボロー・フェア」の旋律に合わせてセリフを歌います。

 

教材

今回の学習内容は『遠山顕の英会話学習』の9月号で学べます。

従来の紙やCDだけではなく、ダウンロードできる電子版も それぞれ販売されています。

 

講座の構成

この『遠山顕の英会話学習』は週に3日の講座です。

うち2日間で2つのダイアログを聴き、3日目で復習(Review)と別の勉強(Something New)をします。

Something Newは毎回決まった内容ではなく、文法・発音・リスニングから色々な形で学びます。

会話表現の紹介の他に、マザーグースで発音練習したり、洋楽を聴いたりと、さまざまな工夫がなされています。

 

あとがき

テキストにもシャボン玉液の作り方が出てきましたが、砂糖を少し加えると割れにくいシャボン玉になります。

砂糖の分子がセッケンの粒子と引き合い、シャボンの膜が強くなるそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村