さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「台湾総統選 蔡英文総統が再選」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

キャンペーンバナー

 

台湾総統蔡英文総統が再選

www.nhk.or.jp


f:id:satsumaim0:20200124110740j:plain

 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

f:id:satsumaim0:20200124110806j:plain

台湾では1月11日に総統選挙が行われ、現職の与党・民進党蔡英文総統が、過去最多となる800万を超える票を獲得して再選されました。

 

ノート

 

 

incumbentは「現職の」。


head into ...は「~に向かう」。


soundlyは「完全に」。

 

news conferenceは「記者会見」で、press conferenceとも言う。


significanceは、importanceよりも堅い表現で、とりわけ「将来における重要性、重大さ」というニュアンス。


determinationは「決意」。


sovereigntyは「主権」。


call uponは「呼びかける」。


parityは「対等」。


cross-culturalなら「異文化間の」、cross-borderなら「国境を越えた」。cross-straitは「海峡を隔てた」という意味で、中国と台湾の関係においては「台湾海峡を隔てた」ということから、多くの場合「中台の」と訳される。

 

Central Election Commissionは、台湾の「中央選挙委員会」。

 

Nationalist Partyは、台湾の最大野党「国民党」。

 

deciding factorは「決定的要因」。


capitalize on ...は「~を利用する」。

 

 

あとがき

「北風と太陽」みたいな選挙結果ですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村