さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「困窮する外国人労働者に電話相談」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

困窮する外国人労働者に電話相談

 

www.nhk.or.jp


 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20200413124839j:plain


 

ノート

 

 

livelihoodは「生計、暮らし、生活(の手段)」。


consultationは「相談、諮問、協議」。


advertising agencyは「広告業者、広告代理店」。

 

unrealisticは、否定を表すun-+realistic「現実的な」から成る単語で、「非現実的な」。

 

bed linenは「ベッドのシーツや枕カバー」。

 

permanentは「永遠の、永久の」で、permanent residentは「永住者」。

 

representativeは、動詞represent「代表する」から派生した単語で、名詞としては「代表(者)、代理人、議員、担当者」、形容詞としては「代表の、代理の」。

 

matterは「問題」で、a matter of life and deathは「生死に関わる問題」。

 

appeal to ...は「~に強く求める、訴える」。

 

urgentは「緊急の」。

 

in the meantimeは「その間、その一方で、ところで」。

 

acceptance「受け入れ」。


inquiryは「問い合わせ、質問、調査」。enquiryと表記することもある。

 

 

あとがき

私が見た限り、30万円の生活支援臨時給付金(仮称)の対象者は日本国籍に限らないようです。

 

いやぁスゴイですね、日本。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村