さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「ウクライナ機墜落 イラン軍が撃墜認める」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

キャンペーンバナー

 

ウクライナ機墜落 イラン軍が撃墜認める

www.nhk.or.jp

f:id:satsumaim0:20200122194832j:plain
 

 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20200122194808j:plain
 

多くの死者を出したウクライナの旅客機の墜落に関して、イランは誤って撃墜したことを認め、謝罪の意を示しました。

 

 

ノート

 

 

admitは「認める」、どちらかと言えば「しぶしぶ認める」。


shoot downは「撃ち落とす、撃墜する」。


crashは「(飛行機などが)墜落する」。


blameは「責めは~にある、~のせいである」。

 

the catastrophe「この大惨事」。


be on alertは「警戒態勢にある」。


on behalf of ...は「~を代表して」。


the bereaved family「先立たれた家族」は、つまり「遺族」。


go downは「墜落する」。


in revenge for ...は「~に対する報復として」。

 

turnaround「(業績などの)好転、(注文品が届くまでの)所要時間、(主張などの)転換」

 

 

あとがき

イランは自国から飛び立った旅客機を撃墜しているんですよね…

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村