さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「米次期政権はアジアにどう向き合うか②」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

米次期政権はアジアにどう向き合うか②

www.nhk.or.jp


www.nhk.or.jp



ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20210108140924j:plain


ノート

 

 

What now for ...?は「~について今度は何ですか、今後はどうなりそうですか」。


presidencyは「大統領職」。

turn a blind eyeは「見て見ぬふりをする」。turn a blind eye to ...なら「(不正・悪事など)~に目をつぶる、見て見ぬふりをする」。これと似た慣用表現には、turn a deaf ear to ...「~が聞こえないふりをする、耳を貸さない、無視する」。

 

fireは、動詞で「発射する」。


ballistic missile「弾道ミサイル」。


deterrenceは「抑止(力)」。


in the first instanceは「まず、第一に」。


coordinationは「協調、連携」。


make an effortは「努力をする」。


be willing to ...は「~するのをいとわない、~してもかまわない、~する気がある」。

 

名詞のexperience「経験」から派生した形容詞experiencedは、「経験豊富な、ベテランの」。

 

manipulateは「操作する」。人を目的語にすると「操る、誘導する」。物を目的語にして「こうかつに操作する、不正に操作する」。


foolは、名詞としては「愚か者」、動詞としては「だます、一杯食わせる」。get fooled、be fooledは「だまされる、かつがれる」。

 

 

あとがき

今週はずっと似たような愚痴ですが、インタビューは本当に聞き取りにくいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村