さつま芋 の日記

英語の勉強と算数のコラムを中心に発信していきます。復習しない勉強を目指しています。

MENU

小話ラジオ放送 「君、だあれ?」

f:id:satsumaim0:20180816165642j:plain

 

音声放送

知り合いの中学生のエピソードです。

いろんな人 いるんですね。

 

音で聞いてもらおうとmp3になっています。

(個人的に、やや音量が大きいように思うので、調整してください)

読者の中には音にアクセスできない方も おられるかもしれませんので、スクリプトも載せておきます。

 

 

スクリプト

「君、だあれ?」

これまで私は、九九が言えない中学生とか、アナログの時計が読めない中学生とか、色々と見てきました。

なんと、ここにきて、新しいタイプの中学生が登場しました。

今回 紹介するのは、カタカナが書けない中学生です。

彼は、日本生まれ、日本育ちの、中学2年生です。

 

ちょうどテストの前で、理科の勉強をしていたときです。

問題にナトリウムという言葉が出てきて、「ナ…カオウトって何?」と聞かれ、最初はわざとボケているのだと思っていました。

次にマグネシウムが出てきて、「もう、いいわっ!」と匙(さじ)を投げたので、そこでカタカナを疑いました。

試しに、 たける という友達の名前をカタカナにしてもらいました。

返ってきたのがなんと、タケシでした。

名前に、おしいってあるの?

 

ここで ふと、自分の名前は書けるのだろうかと気になりました。

尋ねてみると、もう何十回もこれまで書いてる とウンザリされました。

ただ、そこを押して、書いてもらいました。

返ってきた答えは、ロスナ タヨネでした。

ん?それ呪文?

自分の名前なのに、もはや原形をとどめていません。

さっき ウンザリしてましたけど、どういうこと?

 

あなた、理科の前に国語でしょ、という話でした。

 

あとがき

さすがに放置することはできず、カタカナの練習を一緒にしました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村