さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「英総選挙 与党保守党が圧勝」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

キャンペーンバナー

 

英総選挙 与党保守党が圧勝

www.nhk.or.jp

f:id:satsumaim0:20191225144323j:plain

 

 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20191225144337j:plain


EU=ヨーロッパ連合からの離脱、いわゆるBrexitの是非が最大の争点になったイギリスの総選挙は、離脱の実現を公約に掲げる与党・保守党が、議会下院の過半数議席を獲得して圧勝しました。

 

 

ノート

 

 

the U.K.は、the United Kingdomの略称で、正式名称はThe United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandグレートブリテン及び北アイルランド連合王国」。


Conservative Partyは英国の与党「保守党」。


the House of Commonsは英国議会の「庶民院」。the House of Lordsは「貴族院」。

 

Conservativesは大文字で始まっているので、「保守党(議員)」。一般名詞のconservativesは「保守派、守旧派保守主義者」。


be given a mandateは「(国民の)信任、付託を与えられた」。


congratulateは人を目的語に取る他動詞で、「~を祝う、~に祝辞を述べる」。


secureは「確かなものにする、確保する」。

 

get ... doneは「~を片づける、仕上げる、すませる」といった口語表現。

 

the opposition「野党(勢力)」。

 

Labour Partyは、英国の「労働党」。

 

concedeは「(負けを)認める、譲歩する、折れる」という意味で、conceded defeat「敗北を認めた」。選挙の「敗北宣言」なら、concession speech。

 

polarizeは「極に分かれさせる」、「意見を対立させる、分裂させる」。

 

a seat of learning「学問の中心地」。

the abdomen is the seat of the soulは「腹は魂の座、基盤である」で、「魂の宿る場所」つまり「腹に魂が宿る」。

 

 

あとがき

この選挙結果を受けてポンドが一時148円まで約5円ほど爆上げしました。

 

流れには乗れませんでしたが(^_^)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村