さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「トランプ支持者らが米議会に侵入」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

トランプ支持者らが米議会に侵入

www.nhk.or.jp


www.nhk.or.jp



ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20210114171945j:plain


ノート

 

 

chaotic「混乱の、無秩序な」は、chaos「混乱」の形容詞。

 

動詞stormは集団が「急襲する、襲撃する」。

the Capitol buildingはアメリカの「連邦議会議事堂」。


-electは投票で選ばれた時点から正式に就任するまでの肩書として「次期~」という意味。


mobは「暴徒」や「統制がきかない群衆」という意味。

 

chargeは「体当たりする、襲いかかる、突撃する、突進する」。


smash one's way into ...は「窓ガラスなどを壊したり、ドアを壊したりして突入する」。


the Senateは二院制議会における「上院」、the House of Representativesは「下院」。

succumb to ...は「~に屈する、~に負ける、~で死ぬ」。

 

developmentは「(物事の)展開」。時間の経過とともに状況が変化する様を示すことから、「進展、発展、進歩、進捗」、あるいは写真の「現像」としても使われる単語。

under threatは「脅威にさらされている」。

 

at this hourは「今この瞬間」。

 

unprecedentedは「いまだかつてない、前例のない」という形容詞。

 

under assaultは「攻撃にさらされている」。


modern timesは「現代」。

 

call on A to ...は「Aに~するよう求める、呼びかける」です。

 

pull backは「引き下がる」。

 

the work of democracyは「民主主義の営み」。


go forwardは「前進する」。

 

 

あとがき

アメリカでは政治への関心度合いが日本と違うんでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村