さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「最高裁 夫婦同姓の規定は“合憲”」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

最高裁 夫婦同姓の規定は“合憲”

www.nhk.or.jp


www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20210705132738j:plain
 

ノート

 


(the) Supreme Courtは「最高裁判所」。


動詞rejectは「退ける、断る、却下する」。


constitutionalは「憲法の、合憲の」で、constitution「憲法」の形容詞形。ここでのchallengeは「異議申し立て」で、constitutional challenge to ...は「~に対する違憲訴訟」。


動詞としてのmarkには「印をつける、記念する」、「(出来事などが)示す」で、mark the second timeは「2度目となる」。


upholdは「支持する、擁護する、守る」。uphold-upheld-upheldと不規則に変化。

disappointmentは、動詞disappoint「失望させる、がっかりさせる」に-mentが付いた単語で、「失望、落胆」という名詞。

 

common lawは「慣習法」で、common-law coupleは「内縁の夫婦、事実婚の夫婦」。

 

bring a case against ...は「~に対する訴訟を起こす」。


sectionは法律の「項」(article「条」の下位区分)です。civil codeは「民法」で、sections of the civil codeは「民法の項(で定められた規定)」。

 

 

(ニュースで英語術より)

 

あとがき

夫婦別姓を認めて困ることって何かあるのでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村