さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「アジア系差別に全米で抗議集会」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

アジア系差別に全米で抗議集会

 

www.nhk.or.jp


www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20210409140718j:plain



ノート

 

 
rallyは「(支援など何かの目的のために)集結する、集まる」。


anti-は「反~」で、anti-Asianは「反アジア(の)」。


discriminationは「差別」。

 

violenceは「暴力行為」。


protestは「抗議行動、反対運動」。


a series of ...は「一連の~」。


hostileは「敵意のある、敵意を持った」。


open fire at ...は「~を銃撃する、~に発砲する」。


spaは「温泉、健康施設」。アメリカ英語ではhealth spa、イギリス英語ではhealth farm。


earlier this monthは「今月に入ってから」。

descentは「家系、出自」で、of Asian descentで「アジア系の」。


be shaken by ...は「~に衝撃を受ける、動揺する」。

suburbは「郊外」。the suburbsと集合的に用いることで「大都市の郊外」という意味。

 

shootingは「銃撃事件、発砲事件」。


take placeは「起きる」。

 

hold upは「掲げる」で、signは「プラカード」。

 

racismは「人種差別」。


carryは「掲げる」。


declareは「表す、表明する」。


hateは「憎悪」。


名詞としてのrebukeは「非難」。動詞で「非難する」。

monitorは「監視する」。


tally upは「集計する、計算する、(数量を)数える」。ちなみにtallyだけなら「記録する」「費用、得点などの記録」という動詞。

 

 

あとがき

いざとなると人間は他人を攻撃するのが本能なのかなぁ…と生物的な習性を感じています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村