さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

【MT4自作インジ無料公開】機械的に再現できない手法を、他人が裁量で再現できます?

 

まえがき

ネット上は情報が錯綜、さつま芋です。

 

 

軽く調べただけでも、投機FXの裁量手法を動画で解説するレクチャー系ユーチューバーが沢山いますねぇ。

 

最近、私は趣味でプログラミングをしているのですが、プログラムでも裁量手法に近いことは再現できます。

 

反対に考えると、機械的に再現できない手法を、他人が裁量で再現することは困難だと思いませんか?

 

あいにく、FXレクチャーの中には、(私が調べた限り)機械的に優位性が確認できない手法を紹介している例もありました。

 

【投機】逆張りからのトレンドフォロー(もどき)検証用インジ - 投機から学ぶ知恵

 

その多くはスクールビジネス・情報商材販売をされているみたいですが、他人事ながらも「大丈夫なの?」と心配になります。

 

余計なお世話でしょうけれど。

 

 

サインツールの無料配布

うだうだ言う前に、MT4用の自作インジケーターを無料公開します。

W_bottom.ex4 

W_bottom.ex4 - 不具合修正版

 

色々な通貨ペアや時間軸で調べてみると何か発見があるかもしれません。

 

f:id:satsumaim0:20201218223434p:plain

 

手法は、Wボトムのネックラインをブレイクしたらエントリーする普通の順張りです。

(条件等の細かい説明は割愛します)

 

プログラミングの練習を兼ねて過去検証を目的に作ったインジですが、買サインとアラート機能だけ装備してみました。

 

ただし、動作未確認(確認中)です。

 

一切の責任は負えませんので、使用するなら自己責任となります。

 

 

うだうだ言う

インジには簡易の検証結果を表示するようにしているので、手法の優劣判断は触れません。

 

そんなことより、うだうだ言いたいことが二つあります。

 

うだうだ①

一つ目は、FXの勉強と上達との関連性は低いと思います。

 

FXの勉強と言えば、おそらくチャートパターンやインジケーターを調べるのが一般的でしょうが、少なくとも機械的に検証できる「普遍的な」法則性は見つかりません。

 

実は、法則性のないコイントス(コイン投げの表裏)でもチャートパターンは形成しちゃうんですよね。

 

【FX考察】コイン投げのチャート - 投機から学ぶ知恵

 

極端な例えですが、FXの勉強なんてコインの表裏を勉強しているようなものだと思います。

 

話を戻すと、ごく僅かにある優位性は金管くらいで、確率思考しか相場で生き残る道はないと考えています。

 

うだうだ②

言いたいことの二つ目は、資金管理以外にできるのは過去検証くらいしか残っていないことです。

 

極論すればFXは上下二択の世界ですから、勝率が50%付近で揺らぐ(行き来する)と考えるのが妥当です。

 

その揺らぎを知る術が検証作業ではないでしょうか。

 

ただし、手作業の検証では不足だと思っています。

 

無料公開したインジでも実感できるはずですが、プログラムの検証効率は圧倒的です。

 

 

あとがき

多くのレクチャー系FXユーチューバーが発信する内容は、プログラミングするには条件不足であることが珍しくありません。

 

例えば、よくあるフレーズ「上位足の環境認識は上昇トレンドで……」も聞き手によって解釈は様々です。

 

陽線の連続で上昇と見る人もいれば、移動平均線の傾斜で判断する人だっています。

 

 

これら一連の状況を試験勉強に準(なぞら)えると、授業を真剣に受けて真面目に自習しても成績がドンドン落ちる構図に似ています。

 

生徒の努力不足・能力不足は指摘されるのですけれど、本当に生徒だけが問題を抱えているのでしょうかねぇ…

 

以上、さつま芋でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村