さつま芋の絵日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「ラグビーW杯 日本がアイルランドに勝利」

f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

 

キャンペーンバナー

 

ラグビーW杯 日本がアイルランドに勝利

www.nhk.or.jp


f:id:satsumaim0:20191010082211j:plain

 

ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20191010082232j:plain


ラグビーワールドカップ日本大会1次リーグの第2戦で、日本は優勝候補の一角アイルランドに19対12で勝利しました。1次リーグ最大の難敵を破って2連勝。前回大会の南アフリカ戦に続き、今度は地元開催の大会でまたも歴史に残る番狂わせを演じ、初めてのベスト8進出に向けて大きく前進しました。

 

 

ノート

 

 

crowdは「大勢の観客」。

 

favoriteは「お気に入り、大好きなもの」、スポーツでは「優勝候補、本命」。

 

into ...は「(時間的に)~に入って」。thirteen minutes into the matchは「試合に13分入って」、つまり「試合が始まって13分で」。

 

take the lead は「リードを奪う」。

 

ラグビーでは、try「トライ」(敵側のインゴールでボールを地面に触れさせること)を決めると5得点入る。その後キックの権利が与えられ、これをゴールさせると2点。

 

score a tryは「トライを決める」。get a tryとも言う。

 

「AがBに勝つ」と言うときは、beatやdefeat、 claim a victory over ...。

 

 

crowdは「(習慣や興味などを同じくする)仲間」で、wrong crowdは「悪い連中、不良グループ」。

in-crowdと言えば「排他的な小集団」。

crowdは「大勢で押し入る」。

crowd around ...なら「~の周りに群がる」。

 

 

 

あとがき

ラグビーに馴染みがなさすぎて凄さがわかりません…

  

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村