さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録と似顔絵を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「米 “ジャーナリスト殺害に皇太子が関与”」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

米 “ジャーナリスト殺害に皇太子が関与”

www.nhk.or.jp


www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20210315133152j:plain

 

ノート

 

 
intelligenceは「諜報活動、諜報機関」。U.S. intelligence experts「アメリカの諜報機関の専門家たち」。


point a finger at ...は「~を指さす、責める、非難する」。「名指しの非難」という名詞で使う場合は、finger-pointing。

 

de factoはラテン語由来の言葉で、「事実上の」。the de facto ruler of Saudi Arabia「サウジアラビアの事実上の支配者」は、国政の実権を握るCrown Prince Mohammed bin Salman「ムハンマド・ビン・サルマン皇太子」を指す。


brutalは「残酷な、残忍な」という形容詞。名詞形は、brutality「残酷さ、残忍性」。

 

形容詞dissidentは「反対派の、反体制の」。dissidentは、名詞として使うこともできる。

 

assessmentは「評価、査定」


assassinationは「暗殺」。

 

plotは「策略、陰謀」。

 

動詞murderは、故意に「殺害する」。名詞として使うこともできる。


名詞operativeは「工作員、スパイ」。

 

consulateは「領事館」。ちなみに「大使館」なら、embassy。


dismemberは「手足を切断する、ばらばらにする」。


aideは「側近」。

 

名詞sanctionは「制裁(措置)」。sanctionは、動詞として使うこともできる。

take no actionは「何も行動を起こさない」。

 

 

 

あとがき

世の中は凡そ都合・不都合で動いていることを再確認。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村