さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

ニュースで英語術 「IPCC “地球温暖化は人間の責任”」


f:id:satsumaim0:20181030193058j:plain

 

日課として、NHKの語学講座『ニュースで英語術』のディクテーションをしています。

 

IPCC地球温暖化は人間の責任”

www.nhk.or.jp

 

www.nhk.or.jp


ディクテーション

色が判別しにくいですが、黒は聞こえた音、誤解スペルミスメモ、としています。

 

f:id:satsumaim0:20210901102455j:plain
 

ノート

 


the Intergovernmental Panel on Climate Change「IPCC気候変動に関する政府間パネル」。


indisputableは、否定辞のin-+disputable「議論の余地がある、疑わしい」から成る単語で、「議論の余地がない、明白な」という形容詞。


warnは「警告する、警鐘を鳴らす」。


extremeは「極端な、度を過ぎた」状態です。extreme weather eventは豪雨や熱波などの「異常気象の事象」で、IPCCは「極端現象」と呼んでいます。なお、「危険度の高いスポーツ」はextreme sportsと呼ばれ、スカイダイビングやロッククライミングなどが含まれます。

take actionは「行動を取る、対策を講じる」という表現で、take fast actionは「迅速な行動を取る、速やかな対策を講じる」。

 

the first ... in eight years「8年で初めての~」は、つまり「8年ぶりの~」。

 

criticalには「批評の、批判的な」、「危機的な、極めて重大な」。


1.5-degree mark「1.5度の指標」。


netは「正味の、最終的な」という形容詞で、net zeroは「実質ゼロ」。


heatwaveは「熱波」。

 

(ニュースで英語術より)

 

あとがき

多くの人がスマホを手放すことができないように、人類は一度手にした文明を手放すことは不可能でしょう。

行きつくところまで行くしかないのかもしれませんね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村