さつま芋の勉強日記

英語の勉強記録を中心に発信しています。

MENU

【FX雑談】確率と感覚

 

まえがき

こんにちは、さつま芋です。

 

一般に、パチンコは悪者扱いされますが、宝くじは悪者扱いされません。

 

胴元の取り分(控除率)を比べれば、客に不利なのは むしろ宝くじなんですけれどね…

ギャンブルにおける控除率・還元率とは?ハウスエッジについても解説 - カジ旅公式ブログ (casitabi.com)

 

今回は確率と感覚について雑談します。

 

 

クジ引きクイズ

クジ引き(当たりが1本、外れが99本)があります。

 

引いたクジは元に戻す条件で、繰り返し100回引いた場合、当たりが1回も出ない確率は およそ何%でしょうか。

 

つまり、不運な確率を考えてください。

 

 ①18% ②36% ③72%

 

 

クイズの答え

不運な確率は約36%です。

 

100分の1で当たるクジだったら100回引けば1回は当たるだろう…と考えるのが人情だと思います。

 

しかし、ざっと4割も不運な結果が起こるのです。

 

 

感覚の擦り合わせ

FX初心者の最初の壁は、確率と感覚の擦り合わせです。

 

先ほどのクジ引きクイズで示したように、確率と感覚のズレは致命的です。

 

FXではメンタルの話が出てくるのですが、その根本は確率と感覚のズレだと思います。

 

このズレを矯正する過程こそが俗にいう経験なのだと考えます。

 

 

あとがき

次の動画で知った「統計とは異常を知るもの」という視点は非常に興味深いものでした。

 

統計の初歩の初歩、データを取る前の考え方【FX】 - YouTube

 

それにしても、FX先生の情報発信はデータを示す人と示さない人に面白いほど分かれますよね。

 

以上、さつま芋でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村